高島武彦 の 東京23区入門

高島武彦(たかしまたけひこ)の 東京23区入門 へようこそ!

台東区

f:id:takashimatakehiko:20210616001026p:plain

台東区

台東区は、東京都の区部北東部に位置する特別区。 面積は23区の中で最も狭い。

江戸時代を通じて、東京で最も古い市街地のひとつで、浅草にある浅草寺は建立1400年の歴史となる。江戸時代は元禄文化(町民文化)が息づき、明治期からは美術館や博物館が建築され、東京芸術大学などアートの発信地ともなっている。関東大震災(1923年(大正12年))や第二次世界大戦にも焼け残った浅草橋界隈の問屋街などにはいまだ大正、昭和初期の街並みや風情が残っている。

区の中心駅である上野駅は古くから北関東・東北・信越地方からの玄関口として知られ、新幹線も停車する。 区は全般的に商業地であるため、純粋な住宅地は一部で、供給量も少ない。戸建も一部地域を除くと少なく、ビルやマンションなど土地の高度利用が進んでいる。

(財)古都保存財団が選定する「美しい日本の歴史的風土100選」において、次世代に残す美しい日本の歴史的風土が、良好に保存されている全国の事例の一つとして寛永寺・上野公園周辺、谷中の街並みが選ばれた。 ル・コルビュジエ国立西洋美術館世界遺産に登録されている。東京国立博物館表慶館東京国立博物館など国の重要文化財が多い区である。

両区ともに下町文化の根付く由緒ある土地のため、合併後の名称は紛糾した。様々な案が考え出され、最終的に下谷区側の案は「上野区」、浅草区側の案は「東区」に収束したが、結局まとまらず、都知事の案により下谷区台東小学校にて既に採用されていた「台東」の語を用い「台東区」を区名とした。上野の高台の「台」と、上野の東側にある下谷と浅草の下町を連想する「東」を組合わせたもので、康煕字典にめでたい意味で載る瑞祥地名でもある。 その他の候補には、「下町区」「太平区」「隅田区」「浅谷区」などかあった。

読み方は都、区で発行する出版物のふりがな等で見られるように公式には「たいとうく」だが、初期はそれほど強く統一されておらず、現在でも昭和初期生まれくらいの高齢者は、地元の台東区民も含め多くの場合「だいとうく」と読んでいる。

 

 

 

荒川区

高島武彦

荒川区

荒川区(あらかわく)は、東京都の区部北東部に位置する特別区

2005年に夜間人口(居住者)は191,163人であるが、昼間人口(区外からの通勤者と通学生および居住者のうちの区内に昼間残留する人口の合計)は184,021人で、昼間人口は夜間人口の0.963倍の人口になる。通勤者で見ると区内から区外への通勤者は152,183人、区外から区内への通勤者は47,835人となっている。他の区に比べると昼夜間人口の変動は少なめである(東京都編集『東京都の昼間人口2005』平成20年発行136 - 137ページ。国勢調査では年齢不詳のものが東京都だけで16万人いる。上のグラフには年齢不詳のものを含め、昼夜間人口に関しては年齢不詳の人物は数字に入っていないので数字の間に誤差は生じる)。

 

文京区

文京区

文京区

文京区(ぶんきょうく)は、東京都の区部中心部近くに位置する特別区

東京23区の中央北寄りに位置する。「文の京(ふみのみやこ)」という字義通り、大学が多い文教地区と住宅街が区の多くを占める。明治時代より夏目漱石森鷗外宮沢賢治等の著名な文人・学者や政治家が多く住んだ。出版・印刷のほか、先端医療が盛んで大規模病院も多い。日本サッカー協会講談社、東京ドーム、東京大学などがある。

区の南部には商業地域がいくらか見られるものの、全体としては住宅地が多く、また公園、教育機関医療機関が点在する。千代田区と隣接していながら文京区には西片、大和郷本駒込六丁目)、本郷、小石川、小日向、本駒込目白台などの閑静な住宅地が残されている。また音羽の森や六義園、後楽園、小石川植物園など歴史ある広大な日本庭園がいくつも残されている。

区内には目黒区、世田谷区、および練馬区と共に、JRの駅が一つも存在しない。JRの線路は山手線の巣鴨駅 - 駒込駅間がわずかに通るだけで、この区間を除けばほぼ全域がすっぽり山手線内側に入る唯一の区でもある。また、大きな繁華街は無いが、区内に東京ドームシティ・アトラクションズに属する「ラクーア」がある。



 

 

 

渋谷区

渋谷区

渋谷区は、東京都の区部中央に位置する特別区

東京都に23ある特別区の一つであり、23区の中央やや西側に位置する。不動産業界では、千代田区・港区・中央区の「都心3区」に新宿区と渋谷区を加えて「都心5区」と言われることがある。ターミナル駅である渋谷駅周辺(渋谷)は新宿・池袋と並ぶ三大副都心の一角、および東京を代表する繁華街であるほか、新宿駅に近い代々木や千駄ヶ谷地区は新宿のオフィス街・繁華街と一体となっている。1970年辺りまでは、「若者の街」、「若者文化の流行の発信地」といえば、新宿であった。しかし、1973年にで渋谷パルコの開店があり、日本における若者文化の歴史が大きく変化した。その流れは「新宿から渋谷、または渋谷区全体へ」と移り変わっていくこととなる。

原宿・表参道及び港区の青山エリアは日本のファッションの中心として知られるほか、代官山や恵比寿には商業施設やファッション関連の産業が集積している。さらには、明治神宮や代々木公園などの広大な緑地を有しており、周辺には松濤や代々木上原といった高級住宅地も点在している。また同様に、高級住宅地として知られる広尾は麻布区に起源を持ち、現在でも麻布に近い地域性を持つ。一方で、甲州街道より北側の地区は中野区や新宿区に続く過密な住宅地となっており、ほかの街とは趣を異にする。渋谷スクランブル交差点は、若者の街の典型としてニュースなどで報道されることが多く、全国的に有名である。

 

港区

港区

港区

港区は、東京都の区部中央に位置する特別区

区名に「港」とあるように、区域の東側は海岸・港南地区で東京港東京湾)に面し、ベイエリアの一部である台場(お台場)を含む。東側は江東区と向き合い、北側は中央区千代田区、新宿区と、西側は渋谷区と接する。南隣は品川区である。

千代田区中央区とともに「都心3区」と呼ばれる。新聞社や放送局などのマスコミやIT企業などの本社や外資系企業の日本支店が多数立地しており、日本経済の中心の一端を担っている。テレビ放送における民放キー局は全て港区に位置している。虎ノ門や新橋、芝、港南などはオフィス街となっている。青山、赤坂、六本木、お台場などは商業エリアという面も強く、麻布や白金台、高輪といった多くの高級住宅街を擁し、様々な表情を持つ。赤坂御用地、迎賓館(赤坂離宮)をはじめとして芝公園、白金台の自然教育園など緑地も多い。東京のランドマークである東京タワーも位置している。駐日大使館や外資系企業も数多く立地しており、外国人居住者が人口の約1割を占める。

江戸時代は広大な武家屋敷と、町人町が混在していた。

東京都23区では一番一人あたりの所得が高い区である。

墨田区

f:id:takashimatakehiko:20210224163955p:plain

墨田区

墨田区(すみだく)は、東京都の区部東部に位置する特別区

「おいてけ堀」など「本所七不思議」は、昔の墨田区付近が舞台である。また、大相撲が催される両国国技館が立地することでも著名である。

押上・業平地区では、自立式鉄塔としては世界一となる高さ634mの地上デジタル放送用タワー、東京スカイツリーが2012年5月に開業した。観光と防災都市のシンボルにし、世界一の観光都市を目指すという。

東京都の東部の区であり、西の区境は隅田川と東の区境は荒川および中川に挟まれた位置にある河川に挟まれた町である。水の郷百選に選ばれている。区東部の地域は海抜ゼロメートル地帯となっている。

 

 

 

目黒区

f:id:takashimatakehiko:20210208163512p:plain

目黒区

目黒区(めぐろく)は、東京都の区部南西部に位置する特別区である。

2005年に夜間人口(居住者)は248,749人であるが、区外からの通勤者と通学生および居住者のうちの区内に昼間残留する人口の合計である昼間人口は271,320人で昼は夜の1.091倍の人口になる。